スポンサーリンク

『マンフロット PIXI EVOレビュー』スマホでも一眼でも使えるミニ三脚

pixiレビュー
スポンサーリンク

マンフロット PIXI EVOを購入した。しっかりした使い勝手の良いミニ三脚だ。特徴・使用感を書いた。

スマホでも一眼レフでも使えるミニ三脚を探していて、この製品を見つけた。商品撮影などの固定撮りが楽になる。

マンフロット MTPIXIEVO-BK PIXI EVO ミニ三脚 ブラック
ヤマダ電機 楽天市場店
¥ 4,700(2021/06/15 00:46時点)

マンフロット PIXI EVOレビュー

概要

マンフロット PIXI EVO
全伸高20cm
最低高10,5cm
格納高23cm
自重250g
最大耐荷重2.5kg
素材樹脂/アルミ

サイズ感

重さも大きさも、スマホの約1,5個分なのでコンパクトに感じる。

調整

ボール雲台

自由に動くボールを、ネジを締め込んで固定する。ボール部分がアルミなので、しっかり固定できる。
pixi-undai
ダイヤル式のネジでカメラと接続する。台座部分にはゴムが貼ってあるので、傷がつきづらい。
スマホの取り付けには別途アダプタが必要だ。

脚の角度

3本独立していて自由に動き、2段階に設定できる。ロックレバーを動かすことで決められた位置に固定される。

トップ画は高い状態。下記は低くした状態。
pixi-hikui
一眼レフなどのカメラは、重さで脚が開いていくので2段階。
スマホなどのカメラは、脚が開いていかないので、一定までは無段階で設定できる。

脚の長さ

ロックボタンを押しながら動かすことで、6段階に設定できる。5cm伸びるが、3点支持なので実際のカメラ位置が上がるの約4cmだ。
下記は脚を一番伸ばして、スマホを載せた状態。

ロックボタンは脚に付いているので、それぞれの長さを設定できる。ボール雲台は動かしたくないが、少し角度を調節したいときに役立つ。

使用感

足裏にはゴムが貼ってあり、全体的にがっしりしていて安定感がある。
安価な製品もあるが、安い三脚を買ったせいで高価なカメラが壊れてしまっては、精神的にも金銭的にも辛い。しっかりしたものを選びたい。

脚をまとめれば持ちやすいので、簡易自撮り棒としても使える。
思っていたよりも脚が伸びないが、卓上で使うことを考えれば、これで十分なのかもしれない。

余談だが、攻殻機動隊のタチコマ(フチコマ)を彷彿させるデザインで可愛い。

マンフロット PIXI EVOはこんな人におすすめ

  • しっかりしたミニ三脚が欲しい人
  • スマホでも一眼レフでも撮影したい人
  • 安定のカメラブランド マンフロットが好きな人
  • タチコマ(フチコマ)が好きな人

マンフロット PIXI EVOまとめ

  • しっかりしたミニ三脚
  • 脚の長さは6段階できて、最大で約4cm伸びる。

しっかりしたミニ三脚として是非おすすめだ。

マンフロット MTPIXIEVO-BK PIXI EVO ミニ三脚 ブラック
ヤマダ電機 楽天市場店
¥ 4,700(2021/06/15 00:46時点)

コメント