スポンサーリンク

『ジョジョ三部 レビュー』王道のジョジョでその後の話にも大きく関わる部

マンガ・アニメ・映画
スポンサーリンク

漫画とアニメを見たが、The ジョジョの奇妙な冒険といった感じで全体的におもしろい部だ。ネタバレは隠しつつ、あらすじ・感想・おすすめを書く。

ジョジョ三部 レビュー あらすじ

承太郎がある日、喧嘩で留置所に入れられるが、悪霊に取り憑かれたが周りの安全のために留置所を出ないと言う。

そこに祖父のジョセフとその友人アヴドゥルがやってきて、その悪霊は精神エネルギーが形となった「スタンド」というものだと説明し、自分のスタンドを見せる。

同じくジョースター家の血筋である、承太郎の母親ホリィにもスタンドが発現するが、制御できず肉体が蝕まれることになる。

スタンドが発現した原因が、死んだはずのジョースター家の宿敵DIO(ディオ)であることがわかり、承太郎たちはホリィを救うため、DIOを倒すための旅に出る。

その途中で仲間やいろんな人に出会いつつ、DIOの刺客と激しく戦うこととなる。

ジョジョ三部 レビュー 見どころ

The ジョジョの奇妙な冒険

いろんな国や街に行くので、一番冒険している感が強い。思い返せば、他の部は行っても隣の国までだ。

行った先での文化・特徴・風習の解説があり、ストーリーに絡んでくるので、読んでいる側も疑似体験できて楽しい。

【便器の中から豚が顔を出したり、派手な修行を行っていたり…どこまで本当なのかわからないが、実際に見てみたい】

承太郎がクール

見た目や活躍ぶりもかっこいいが、特に良いと思うのは芝居臭いセリフやポーズだ。

「普通そんなこと言わないし、しないだろ」ってことも、承太郎なら許されてしまう。

【承太郎といえば指差しポーズ。「やっつけてやるぜ、ダービー」ビシィッ !格ゲー「未来への遺産」での反り具合は伝説。
作者に気に入られすぎて気になる。敵も味方も「スタープラチナは素早く精密な動きをする」っていうし、時間止めちゃうのはやりすぎ感も。承太郎一人でも全員倒せた感 笑】

イギーが渋い

硬派で媚びない犬。ネタバレになるので詳しく書けないが、後半の活躍っぷりがアツい。

【前半のバカ犬から、ペットショップ戦で急にイケメンになるので、グッズも2種類出ていておもしろい。
身体を張ってポルナレフを守り、アヴドゥルと一緒に昇天するシーンは何度見てもうるっとくる。
サイボーグクロちゃんで刷り込まれたのか、動物視点で進む話が好きだ。もちろん銀牙も読んだ。】

ディオのカリスマ性

吸血鬼な上に、スタンド能力と人心掌握術まで手に入れてしまったディオ。ジョースター一行と直接会うまで顔が描写されない。この演出がよりカリスマ感を引き立てているように感じる。

他の部のスタンドの中でも、デザインがシンプルでかっこいい。

【ンドゥールの「悪には悪の救世主が必要なのだよ」というセリフにグッときた。前半でハーミットパープル使っている未完成感も、一周回っておもしろい。
ロードローラーというマイナー機械を持ってきて、その上から殴るというユニークな展開は印象的。OVA版だとなぜかタンクローリーになっている謎 笑】

敵味方のキャラが多くて楽しい

三部から増え、ちょうどよく感じる人数になる。キャラがある程度いると新鮮味が出るし、戦闘や話の展開も広がって楽しい。この先の部もこれくらいの人数なので、ウケが良いんだろうか。

【…が、やっぱり承太郎の活躍が多い。他キャラの戦闘ももっと見たかった。】

ジョジョ三部 レビュー こんな人におすすめ

  • 王道のジョジョが見たい人
  • ネットの元ネタを知りたい人
  • 人を怒らせるとどうなるか知りたい人

ジョジョ三部 レビュー まとめ

  • 王道のジョジョ
  • 全体的におもしろく、長さ・内容的に見応えもある

原作である漫画がおすすめだが、濃い絵が苦手な人はアニメから見てみよう。

【新品】ジョジョの奇妙な冒険SET (全130冊) 全巻セット
漫画全巻ドットコム 楽天市場店
¥ 62,964(2021/06/25 07:27時点)

U-NEXT(ユーネクスト)公式サイトはこちら
今なら30日間の無料体験あり

コメント