スポンサーリンク

『Incase City Compact Backpack レビュー』Apple公認のミニマルなのに機能的なリュック

『City Compact Backpack レビュー』ミニマルなのに機能的なリュック…!ファッション
スポンサーリンク

Incase City Compact Backpackを通勤で1年使いました。無駄のないデザインでありながら、必要な機能が揃っている素敵リュックです。特徴・気になった点・使用感を書きます。

PCが入るけど大きすぎず、デザインが落ち着いていてしっかりした、ビジネスでもプライベートでも使えるリュックを探していました。この製品はそんな用途にぴったりです。

Incase City Compact Backpack レビュー

サイズ感

約H46 x W33 x D13cm / 重さ約0.8Kg

丁度いいサイズ感です。
主に下記を持ち運んでいて、ぴったりでした。

  • A4ノートPC
  • ノートPCスタンド
  • キーボード(HHKB)
  • 弁当
  • 折りたたみ傘
  • モバイルバッテリー
  • ペン類など

素材感

Diamond Ripstop というポリエステルを使ったモデルで、通常のポリエステルより耐摩耗性に優れているようです。少しざらっとしていて、ひし形を横にした、あまり目立たない模様が付いています。

ポケット

メインポケット、上ポケット、中ポケットの3つです。

メインポケット



ノートPC部分を入れる部分が、360度起毛素材なので、ぶつけても安心です。裏と表はクッション入りだけど、横には入っていないものが多いのでよく考えられています。

反対側の下に、メッシュポケットが付いています。

上ポケット


スマホやモバイルバッテリーを入れてくださいと言わんばかりの、絶妙なサイズ感の浅ポケットです。ここも起毛素材になっていて、すごく使いやすいです。

生地が柔らかいのと、ジップが被さるようになっているので、片手では閉めづらいです。

中ポケット


2つに分かれていて、ペンと小物を入れるポケットが2つずつあります。
手前にはタブレットが入るくらいのサイズですが、ここは起毛素材ではないので注意。
※写真の白いものは、私物のビニール袋です

背中と肩紐にクッション入り


ぱんぱんに詰めて長時間移動しても、蒸れたり痛くなったりしたことはないです。ふかふか。

歩いていると余ったストラップが当たって痛い製品がありますが、この製品は当たらなくて良いです。

全てのジップに専用の取っ手付き


ロゴ入りかつ湾曲していて持ちやすいです。

Incaseの歴史 Apple製品との関係

A better experience through good design.(優れたデザインを通じてより良い体験を)
上記を理念とする、1997年アメリカのサンフランシスコで生まれたブランドです。

Appleの理念に影響を受け、Mac向けの製品を作るようになり、公認のブランドになったようです。
Apple製品と同じように、無駄のない美しいデザインが特徴で、Apple公式サイトでも取り扱われています。

Incase City Compact Backpack レビュー僕の使い方

職場のお供に

シンプルなのでスーツにも合わせやすいですし、しっかりと保護されたノートPC入れもあるので安心です。

少しきつめですが、PCを入れた状態でも縦14cm、横21cmのタッパーが入るので、自炊派にはありがたいです。

普段使いにも

どちらかと言えばカジュアル寄りのリュックだと思うので、私服にも合います。
僕はあまり物を持たず、すかすかな状態で持ち歩くことになるので、若干大きく感じますね。

Incase City Compact Backpack レビューこんな人におすすめ

  • シンプルだけど機能的なリュックが欲しい
  • Apple公認、ミニマルという言葉に惹かれる
  • PCやタブレットを安全に持ち運びたい
  • 弁当を持っていきたい

Incase City Compact Backpack レビューまとめ

買ってからほとんど不満なく使っていて、値段に対してかなり満足度が高く気に入っています。どんな人にもおすすめできる、良い製品と言えます。

あなたも「優れたデザインを通じてより良い体験を」してみませんか?

コメント