スポンサーリンク

『パナソニック TK-CJ23 レビュー』約1/30にコストダウンできて美味しい水が飲める浄水器

『パナソニック 浄水器 TK-CJ23 レビュー』約1/30にコストダウンできて綺麗・安全・美味しい水が飲める浄水器フード
スポンサーリンク

パナソニック 浄水器 TK-CJ23を購入して3年が経つ。すぐに美味しい水が飲めて便利だ。取り付け・コストパフォーマンス・使用感について書く。
浄水器は初期費用がかかりがちだが、蛇口に取り付けるタイプであれば工事不要で、そこまで高価ではない。半年未満で元が取れるので、すごくコストパフォーマンスが良い製品だと思う。

パナソニック TK-CJ23 レビュー

サイズ感

高さ7.5×幅13.5×奥行12cm / 約350g

引用:パナソニック

蛇口に取り付けるので、多少圧迫感があるがすぐに慣れた。
フィルターが付いているので、蛇口を動かすときに少し重さが増す。

浄水器とシンク

色は白で、部分的に濃いグレー。どんなシンクにも合うと思われる。

ろ過・除去対象

遊離残留塩素・クロロホルム・鉄・アルミニウムなど、計20物質が対象で、業界内でも最多。除去率50~80%と記載がある。僕はにおいや味に敏感な方だが、綺麗で無味無臭の美味しい水が飲めているので、しっかりと機能していると思う。

液晶が付いていて、フィルターの交換目安がリットルで液晶に表示される。

水の排出先

レバーで浄水・原水・シャワーが切り替えられる。

パナソニック 浄水器 TK-CJ23使い方

引用:パナソニック

浄水にすると、フィルターを通って左側から水が出る。
原水とシャワーは、フィルターを通らず蛇口から直接水が出る。原水は蛇口からそのままの形で水が出て、シャワーにすると放射状に水が出る。

本体使用水温 浄水側:35℃未満(原水/シャワー:80℃未満)
本体使用可能水圧(動水圧) 70 kPa~350 kPa
ろ過流量 1.8L/分(水圧100kPaの時)

引用:パナソニック

水がフィルターを通るので、通さない場合と比べると少しだけ出が悪い感じになる。
コップに注ぐ場合はそこまで気にならないが、鍋に注ぐ場合は少し気になる

また、お湯で浄水を使うのは推奨されていない。おそらくフィルターが痛むのだろう。

取り付け

蛇口の先に付いているカバーを外して、同梱のプラスチックネジで、蛇口と本体を接続するだけ。

パナソニック 浄水器 TK-CJ23の取り付け

引用:パナソニック

構造は簡単だが、作業性が悪く少し取り付け辛い。初回は1時間程度かかった。色々な蛇口に対応できるように、複数のアダプタが同梱されている。対応しない蛇口もあると思われるので、先に確認しておくのをおすすめする。

パナソニック 浄水器 TK-CJ23蛇口

引用:パナソニック

意外と浄水器と蛇口の間などが汚れるので、1~2年に一度くらいは掃除をおすすめする。

浄水機能

レバーを浄水にして水を出せば、綺麗で無味無臭の美味しい水が飲める。

フィルターの交換は、フィルターと一体型のカートリッジを捻るだけなので簡単。
フィルター交換目安は「約6ヵ月(1日10L使用時)または2000L」を推奨されている。

コストパフォーマンス

僕は一人暮らしで、1日あたり飲用と自炊合わせて約2L使うので、1年あたり730L使う。
※2L × 365日 = 730L

交換目安の「約6ヵ月(1日10L使用時)または2000L」を当てはめる。
約6ヵ月(1日10L使用時):30ヶ月は2年半(5倍)
2000L:1000日も約2年半

2年は使える計算になる。

費用
本体: 約¥10000
交換カートリッジ:約¥6000
水道代:2L当たり¥0.5(1L当たり約¥0.25)

購入時から2年
浄水器本体: = 約¥10000
水道代:0.5円 × 365日 × 2年 = ¥365
合計:¥10365

3年目からは交換カートリッジ代が必要になるので、¥6365となる。

各ミネラルウォーターのコストを比較

1日2Lあたりと、2年あたり比較する。

分類2Lあたり(1日)2年あたり(730日)
2Lペットボトル 6本入(スーパー)約¥68¥49640
2Lペットボトル単品(スーパー)約¥108¥78840
2Lペットボトル 9本入(Amazon)約¥120¥87600
ウォーターサーバー ¥2500(24L)約¥249¥181770
浄水器 TK-CJ23約¥9¥6365


会社やキャンペーンによって値段が変わるので、価格comなどを見て、おおまかに出しています。
水代:¥2500(24L)÷ 24L ×2L = ¥208(2Lあたり)
レンタル代:¥0~¥1000(ひと月)=¥500(ひと月平均)÷30日(ひと月)=¥16(一日あたり)
電気代:¥400~¥1000(ひと月) = ¥750(ひと月平均)÷30日(ひと月) =¥25(一日あたり)一日(2L)あたりの合計:¥249

浄水器の3年目¥6365と、Amazon購入を比べると¥81235もコストが削減できることがわかる。
更にウォーターサーバーと比較した場合は、¥175,335で約1/30と圧倒的だ。

浄水器のコストパフォーマンスの高さは圧倒的だが、用途にも拠る

一人暮らしでペットボトルとウォーターサーバーも試したが、ゴミが出る・場所を取る・購入受け取りの手間が増え・価格も高いので、基本的にはおすすめできない。

しかし「備蓄水として持っておきたい」「お湯もすぐ飲みたい」「大家族で頻繁に給水する」などのケースである場合、他の選択肢も検討すべきだと思う。

浄水器で濾過された水は、塩素などが取り除かれ空気に触れて菌が繁殖しやすい為、保存には向かない。

メーカーは1日以内に飲むことを推奨している。
ただ、何日も常温で置いてから飲んだり、カレーに使い数日置いて食べても、今のところ不調になったことはないので、個人的には普通の水と同じように飲んでいる。

パナソニック TK-CJ23 レビューこんな人におすすめ

  • 飲料水のコストを下げたい人
  • 手軽においしい水が飲みたい人
  • 家に物を増やしたくない人

パナソニック TK-CJ23 レビューまとめ

  • いつでも綺麗で美味しい水がすぐ飲める
  • コストが約1/30になるケースもある
  • 導入コストが少しかかるが、半年未満で元が取れる
  • フィルター交換は数年に1回

買った日に取付できて、場所も取らず、美味しい水が飲めるのですごく便利だ。特に、一人暮らしでは圧倒的にコストパフォーマンスが高いので、おすすめできる。

コメント